2008年12月11日

『乱鴉の饗宴 下 氷と炎の歌4』

 ジョージ・R・R・マーティン(酒井昭伸訳)『乱鴉の饗宴 下 氷と炎の歌4』(早川書房.2008.534p.2800円+税.ISBN:9784152089403.George R.R.Martin "A FEAST FOR CROWS",2005)[Amazon]。


乱鴉の饗宴 下 氷と炎の歌 4 (氷と炎の歌 4) (氷と炎の歌 4)



 分厚く緻密な世界設定と非情なストーリー展開で惹きつける、怒濤の異世界ファンタジー巨編。「氷と炎の歌」シリーズ第四作の下巻。



続きを読む
posted by ゆめの at 00:00| オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

『ムハンマド イスラームの源流をたずねて』

 小杉泰『ムハンマド イスラームの源流をたずねて』(山川出版社.2002.206p.1300円+税.ISBN:4634490102)[Amazon]。


ムハンマド―イスラームの源流をたずねて (historia)



 世界三大宗教の一つとなったイスラームの開祖ムハンマドを、人間としての軌跡とともに世界的な宗教現象として考察する。新鮮な視点からの伝記。




続きを読む
posted by ゆめの at 00:00| 感想-単行本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

『翼の帰る処 下』

 妹尾ゆふ子『翼の帰る処 下』(幻狼ファンタジアノベルス,2008.11.30,275p.900円+税,ISBN:9784344814936)[Amazon]。


翼の帰る処 下 (3) (幻狼FANTASIA NOVELS S 1-2)



 キャラクターと物語世界がともに陰影を持って薫り高くうかびあがる、幻想と現実、陰謀と日常の異世界ファンタジー。下巻。


続きを読む
posted by ゆめの at 00:00| オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

『象られた力』

 飛浩隆『象られた力』(ハヤカワ文庫JA.2004.423p.740円+税.ISBN:4150307687)[Amazon]。


象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)


 『グラン・ヴァカンス 廃園の天使I』で復活を遂げたSF作家の、初期中編集。


続きを読む
ラベル:SF 短編集
posted by ゆめの at 00:00| 感想-文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』

 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』(文藝春秋.2007.479p.1800円+税.ISBN:9784163251202)[Amazon]。


泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部



 言わずとしれた中国の歴史伝説『三国志』を様々な資料を基に現代的な突っ込み(解説と感想)を入れつつ作者視点で描き出す、大河歴史戦記注釈付き小説。

続きを読む
posted by ゆめの at 00:00| オススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。